コレクション: 懐石に適した楕円皿(オーバル皿)(有田焼華山窯)の特集

有田焼は1616年頃有田泉山で白磁鉱が発見され、日本で最初の磁器が焼かれたことから約400年の歴史があります。成形後、釉薬をかけて1300度の高温で17時間以上焼きあげてつくられる世界的著名ブランドです。

約220年超の歴史を有する老舗窯元である有田の華山窯の作品となる、天草陶土を材料として1300度の高温焼成で創られた懐石の食空間を一層引き立たせる楕円皿(オーバル皿)のコレクションをご提案します。

楕円皿(オーバル皿)とは楕円形の形をしたお皿のことで、丸形や正方形と違ってテーブルに置いたときに対面でも圧迫感がなく、縦でも横でも使えておしゃれに盛り付けるのにおすすめで、食卓をすっきりとみせてくれる効果もあります。

当社の有田事業拠点の利を活かして、業界最安値挑戦でご提案します。

参考:京の器×有田焼華山窯の製品詳細はこちらから

絞り込み:

出品状況
0個が選択されました リセット
価格
最高価格は¥2,790です リセット
¥
¥

8個の商品

絞り込みと並び替え

絞り込みと並び替え

8個の商品

出品状況
価格

最高価格は¥2,790です

¥
¥

8個の商品